showKs

Follow me on GitHub

showKs logo

showKsへの参加方法(簡易版)

  1. Githubアカウントを準備
  2. 登録フォームからユーザ登録(ユーザ名は小文字数字のみ利用可)
  3. あなた専用レポジトリへのCollaborator inviteを受諾(https://github.com/containerdaysjp/showks-canvas-ユーザ名/invitations
  4. あなた専用レポジトリ(https://github.com/containerdaysjp/showks-canvas-ユーザ名)にアクセス
  5. 開発用ブランチ(featureブランチ)のsrc/data/author.jsonファイル内にあるcommentの値を編集してcommit
  6. 開発用ブランチ(featureブランチ)からstagingブランチへPull Request
  7. stagingブランチへのPull Requestをmerge
  8. staging環境用のポータル画面からあなたのCanvasアプリ内のコメントが更新されることを確認
  9. stagingブランチからmasterブランチへPull Request
  10. masterブランチへのPull Requestをmerge
  11. production環境用のポータル画面からあなたのCanvasアプリ内のコメントが更新されることを確認

showKsへの参加方法(詳細版)

1. 事前準備

showKsの参加にはGithubのアカウントが必要です。必ず事前にGithubアカウントを作成し、ユーザ名を確認しておいてください。

2. ユーザ登録

ブラウザから登録フォームを開いてください。

Project作成

登録フォームでは、次の情報を入力します。

  • Username(必須)
    • showKsで使用するユーザ名です。
    • Kubernetesのリソース名にも使用されるため小文字数字のみ利用可能です。
    • 既存のUsernameと重複した場合はエラーになります。別の名前を選択してください。
    • このユーザ名を元にあなた専用のリポジトリがGithub上に作成されます。
  • Github(必須)
    • あなたのGithubアカウント名を入力してください。
    • このアカウントはお絵かきアプリからLinkされます。
    • 存在しないGithubアカウント名が指定された場合はエラーになります。
  • Twitter(必須)
    • あなたのTwitterアカウント名を入力してください。
    • このアカウントはお絵かきアプリからLinkされます。
    • Twitterアカウントをお持ちでない場合はcontainerdaysjpを指定します。
  • Comment
    • 任意のメッセージを入力します。
    • このメッセージはお絵かきアプリに表示されます。

入力が完了したらCreate ProjectをクリックしてProjectを新規作成します。

処理の完了までは暫く時間がかかります。画面が遷移しProject was successfully createの表示がでるまで待機してください。

3. あなた専用レポジトリへのCollaborator inviteの受諾

遷移後のページには、あなた専用の確認用リンクが表示されています。このページをブックマークしておくと、後からConcourse CIやGithub Repositoryへアクセスしやすくなるのでオススメです。

ユーザ登録によりあなた専用のリポジトリが自動的に用意されます。このリポジトリは、showks-canvasからForkされたものです。

あなた専用のリポジトリには初期状態では編集権限が設定されていません。あなた専用のリポジトリの作成後にGithubからCollaboratorへのInviteが自動で行われますのでこれを受諾します。

処理手順の2.で最後に表示された画面にあるリンクから受諾画面へ遷移します。

ユーザ登録処理の完了画面

この処理完了後の画面を閉じてしまった場合は、直接受諾ページ(https://github.com/containerdaysjp/showks-canvas-ユーザ名/invitations)へアクセスしてください。

Invitationの受け入れ

4. あなた専用リポジトリの確認

Githubへアクセスし、あなた専用のリポジトリが作成されていることを確認します。リポジトリ名はshowks-canvas-ユーザ名で作成されています。検索機能がありますので活用してください。

専用リポジトリの検索

4. ソースコードの更新(開発用ブランチ)

あなた専用のリポジトリには、次のブランチが用意されています。

  • feature
    • feature(開発)環境用のブランチです。
    • 直接commitはせずに、featureブランチからPull Requestを発行してコードをmergeします。
  • staging
    • staging(ステージング)環境用のブランチです。
    • 直接commitはせずに、featureブランチからPull Requestを発行してコードをmergeします。
  • master
    • production(本番)環境用のブランチです。
    • 直接commitはせずに、stagingブランチからPull Requestを発行してコードをmergeします。

開発用ブランチ(featureブランチ)に切り替えファイルブラウザから srcフォルダ > dataフォルダ > author.jsonファイル の順にアクセスします。

ファイルブラウズ

編集ボタンからauthor.jsonを編集します。ユーザ登録の際に入力した値がjson形式で埋め込まれていますのでcommentの値だけを任意の文字列に置き換えてください。

author.json編集

値を更新後、画面下部のCommit changes欄に適切なコメントを入力し、Commit directly to the staging branch.にチェックが入っていることを確認してからCommit changesボタンをクリックします。

commit

5. 開発用ブランチからstagingブランチへPull Requestの発行

開発用ブランチ(featureブランチ)からstagingブランチへPull Requestを発行します。画面上部のタブからPull requestsを選択しCompare & pull requestをクリックします。

pull requestの作成

Pull Requestの送信先が開発用ブランチからstagingブランチへなっていることを確認してからCreate pull requestボタンをクリックします。

pull requestの発行

6. stagingブランチへのPull Requestをmerge

stagingブランチに開発ブランチからのPull Requestをmergeします。Merge pull requestをクリックしてから、さらにConfirm mergeをクリックしてmergeします。

Merge pull request1

Merge_pull request2

showKsで事前に準備されているパイプライン管理から、mergeを契機にあなたのアプリコンテナが自動的にstaging環境へビルド/デプロイされます。

注意:author.json以外のファイルを更新した場合は制約違反として自動ビルドが中止されます。その他のファイルは更新しないようにご注意ください。

7. アプリ更新の確認(staging環境)

staging環境用のポータル画面から、あなたのCanvasアプリ内のコメントが更新されることを確認します。デプロイが完了するまでは時間が必要となりますので、変更されない場合は少し時間を空けてから再確認してください。

デプロイされたCanvasアプリでは実際にお絵かきをすることが可能です。お絵かきした内容は一定時間後にポータル画面にも反映されますので、確認してみてください。

8. stagingブランチからmasterブランチへPull Requestの発行

手順 5. の内容と同様に、stagingブランチからmasterブランチへPull Requestを発行します。

9. masterブランチへのPull Requestをmerge

手順 6. の内容と同様に、masterブランチにstagingブランチからのPull Requestをmergeします。

showKsで事前に準備されているパイプライン管理から、mergeを契機にあなたのアプリコンテナが自動的にproduction環境へビルド/デプロイされます。

注意:author.json以外のファイルを更新した場合は制約違反として自動ビルドが中止されます。その他のファイルは更新しないようにご注意ください。

10. アプリ更新の確認(Production環境)

production環境用のポータル画面から、あなたのCanvasアプリ内のコメントが更新されることを確認します。デプロイが完了するまでは時間が必要となりますので、変更されない場合は少し時間を空けてから再確認してください。